Mont-blanc
去年サバトンのマロンペーストと渋皮煮を用意していたのに作れなくて、やっと作ることができた。
サクサクメレンゲにマロンペーストと渋皮煮、栗入りクリームとルゴル社のラムをきかせたマロンクリーム。
20年もの間好きで作り続けていた粉と油脂たっぷりの焼き菓子は食べたいと思わなくなってしまったけれど、クリームは時々食べたくなる。
-
ケンタがいなくなってもうすぐ1ヶ月。
前の写真にたくさんコメントをいただいてありがとうございます。はじめは一人ずつ返信をしようとしていたのですが、ケンタをお骨にしてからしばらくは辛すぎて、ここを見ることもできませんでした。
1週間ほどの食欲不振と不眠から立ち直ってからは頂いたコメントを読みながら、このなにか自分が欠けてしまったような気持ちを経験して生きている人たちがたくさんいるんだなと、日常を取り戻していく支えになりました。
個別に返信を書きたいものがたくさんあるのですが今更なので、こちらで感謝の気持ちを書かせていただきます。本当にありがとうございました。

Mont-blanc 去年サバトンのマロンペーストと渋皮煮を用意していたのに作れなくて、やっと作ることができた。 サクサクメレンゲにマロンペーストと渋皮煮、栗入りクリームとルゴル社のラムをきかせたマロンクリーム。 20年もの間好きで作り続けていた粉と油脂たっぷりの焼き菓子は食べたいと思わなくなってしまったけれど、クリームは時々食べたくなる。 - ケンタがいなくなってもうすぐ1ヶ月。 前の写真にたくさんコメントをいただいてありがとうございます。はじめは一人ずつ返信をしようとしていたのですが、ケンタをお骨にしてからしばらくは辛すぎて、ここを見ることもできませんでした。 1週間ほどの食欲不振と不眠から立ち直ってからは頂いたコメントを読みながら、このなにか自分が欠けてしまったような気持ちを経験して生きている人たちがたくさんいるんだなと、日常を取り戻していく支えになりました。 個別に返信を書きたいものがたくさんあるのですが今更なので、こちらで感謝の気持ちを書かせていただきます。本当にありがとうございました。

11 Comments
@koguma3014
はじめまして。こちらとごはんアカ、いつも楽しみに拝見しています。私も9月末に愛犬を亡くし、なかなか立ち直れずにいます。一緒に暮らす犬と猫もいますし、家族にもごはん作らなきゃなーと早くいつもの生活に戻れたらと思ってます。悲しみは消えませんが忘れずに前に進めたら、と。お気持ちが分かるばかりにコメントしました。もちろん返信不要です😌
@itomoe
@koguma3014 同じ9月に亡くなったんですね… 先月末だと、まだまだ泣いてしまいますよね。わたしは1週間は記憶がないほど他のことは考えられず、眠れなくてペットロスの掲示板など読んで過ごしていましたが、7日目に夢で抱かせてくれたのをきっかけに、なんとかごはんが食べられるようになりました。今は忘れていくのが怖くてたまりませんが、悲しんでばかりいるときっと心配するんじゃないかなと思って普通に過ごすようにしています。
@2001_cs_
ゆっくりゆっくり。今のとてもお辛い気持ちも大切にしてくださいね。焦らずに。
@george_industry
私も去年の9月に大好きなリクガメのしーちゃん🐢を亡くしました。うちは戸建なので、台所の窓から見えるところに埋めてあげて…悲しいけれど今もすぐそこにいるような気がします☺️元気出してください💪🏻💪🏻
@nogu_r
こんにちわ。わたしも9月28日に15歳の愛兎を亡くしました。tomoeさんのお気持ちをなぞるように日を重ねています。たくさんの方が同じ痛みを経験されながらも何とか前を向いて進まれているのは励みになりますよね…。まだまだ気持ちの揺れはありますが、お互いに楽しかった日々を胸に頑張っていければ良いですね。
@nrm_nh
初めまして、以前よりフォローさせて頂いています。私も今年の1月に18年一緒に暮らしていた病気の猫を看取りました。未だに通院と看護の最期の3週間を思い出しては泣けてきてしまいます。日常に戻るのはゆっくり、少しずつでも良い、思い出して泣いてしまう気持ちも、無理に閉じ込めなくても良いのかな、と最近は思います。お骨の横に綺麗な季節の花を飾ったり、旅行に行ったり、彼がくれた時間だと思って過ごしています。栄養のあるものを食べて、好きなことをなさってください💐☺️
@nrm_nh
書きそびれてしまいました、ご返信には及びません😌
@itomoe
@2001_cs_ ありがとうございます。初めて一緒に暮らした子だったので、お別れの時のことがなかなか頭から離れませんでしたが、すこしずつ楽しく過ごした日々のほうに気持ちを持っていけるようになってきました。
@itomoe
@george_industry ありがとうございます。ペットとはいえ、長年暮らすとその子に性格がちゃんとあって、家族みたいに感じますよね。お骨にして写真と一緒に置いているのですが、わたしもまだ近くにいるように思えて、話しかけたりしてしまいます。
@itomoe
@nogu_r うさぎさん、辛かったですね… 15年も一緒にいると、本当にぽっかり穴が空いたように思えてしまいますよね。最後の数日がとても辛くて、できる限りのことはしたけれど、あの時もうすこし違った判断をしていたらまだそばにいたんじゃないかと思って、しばらく辛かったです。でもその数日よりもずっとずっと長い間お互い幸せに過ごした日々があるので、そちらを忘れずにいてあげたいですね。
@itomoe
@nrm_nh ありがとうございます。わたしも最後の1週間のことを何度もシミュレーションして、あそこで違った治療をしていたらとか、ずっと考えて眠れない日を過ごしました。いまでも時々考えて胸が痛くなります。でも一度回復して1ヶ月すこし元気に過ごしてくれたので、それはあの子がプレゼントしてくれた時間だったのかなと思って、なるべく楽しく過ごした日を思い出すことができるようになってきました。いつまでもお別れの辛さは消えることはないかもしれませんが、幸せな日々をくれたことは忘れずにいたいですね。