ゆぴ1号 @yupihouse

2014年、大阪天満から琵琶湖畔に移住して、釣り(ブラックバスのトップウォーター、タナゴなど)に勤しみ、海外コンピュータRPG、本格ミステリ、海外ドラマ、漫画などを嗜む隠居です。

  • Posts
    2222
  • Followers
    127
  • Following
    76
パン屋戦記。週に一度、2時間しかオープンしない難攻不落のパン屋に挑む。先週は敗北。未だパンを視ず。●午後一時に訪れた時点で、大行列が行く手を阻む。並ぶのが死ぬほど嫌いな僕は、通常ならここで速攻で踵を返すのだが、今回敗北すれば、二度と再びここを訪れる気力を失うだろうと、苦渋の決断をし、突撃ラッパを吹いた。●行列用に折りたたみ椅子があったりする。トラックの荷台で、野菜や漬物を売ってるおばちゃんもいる。●店の中に入るまでに20分。だが、狭い店内は順番を待つ列が形成されており、パンが盛ってある棚に辿り着くまでに、さらに並び続けねばならぬ。●誰も彼も、トレイには親の敵のように、パンを盛っている。果たしてパンは残っているのか?●パンの並んだ棚に辿り着くのに約四十分を費やす。案の定、棚はガラガラだが、幸い美味しそうなのをいくつかゲット。後ろの人に残しておこうという気遣いを忘れる。戦いは人を浅ましくさせるのだ。●パンの種類は豊富。バゲット、ロールパン、惣菜パン、菓子パン、スイーツ、できたてピザ、もちろん食パン。2時間しかせんのに何故ここまでと驚く。●パンを取ってから、会計までに更に三十分。●クリスマスに向けたシュトーレンがあったので、すごく高いけど買う。列に並ぶと金銭感覚が変になる。脳内麻薬が分泌されるのだろうか?●シュトーレンが重くて、トレイを持つ腕が痛い。●店を出たのは午後二時を大きく回ってからだった。横のトラックの野菜もあまり残ってないようだ。おばちゃんがつけたという漬物を食わせて貰い、水菜と小蕪の漬物(百円)を買って家路につく。●さすがにもう二度と行くことは無かろうと思いつつ、ひとつ食べてみる。ゆで卵がまるごと入ってチーズとマヨのソースが溢れてくるパン。悔しいけど旨い。なんだこのパン生地。困ったもんだ。
  • Comments 12

パン屋戦記。週に一度、2時間しかオープンしない難攻不落のパン屋に挑む。先週は敗北。未だパンを視ず。●午後一時に訪れた時点で、大行列が行く手を阻む。並ぶのが死ぬほど嫌いな僕は、通常ならここで速攻で踵を返すのだが、今回敗北すれば、二度と再びここを訪れる気力を失うだろうと、苦渋の決断をし、突撃ラッパを吹いた。●行列用に折りたたみ椅子があったりする。トラックの荷台で、野菜や漬物を売ってるおばちゃんもいる。●店の中に入るまでに20分。だが、狭い店内は順番を待つ列が形成されており、パンが盛ってある棚に辿り着くまでに、さらに並び続けねばならぬ。●誰も彼も、トレイには親の敵のように、パンを盛っている。果たしてパンは残っているのか?●パンの並んだ棚に辿り着くのに約四十分を費やす。案の定、棚はガラガラだが、幸い美味しそうなのをいくつかゲット。後ろの人に残しておこうという気遣いを忘れる。戦いは人を浅ましくさせるのだ。●パンの種類は豊富。バゲット、ロールパン、惣菜パン、菓子パン、スイーツ、できたてピザ、もちろん食パン。2時間しかせんのに何故ここまでと驚く。●パンを取ってから、会計までに更に三十分。●クリスマスに向けたシュトーレンがあったので、すごく高いけど買う。列に並ぶと金銭感覚が変になる。脳内麻薬が分泌されるのだろうか?●シュトーレンが重くて、トレイを持つ腕が痛い。●店を出たのは午後二時を大きく回ってからだった。横のトラックの野菜もあまり残ってないようだ。おばちゃんがつけたという漬物を食わせて貰い、水菜と小蕪の漬物(百円)を買って家路につく。●さすがにもう二度と行くことは無かろうと思いつつ、ひとつ食べてみる。ゆで卵がまるごと入ってチーズとマヨのソースが溢れてくるパン。悔しいけど旨い。なんだこのパン生地。困ったもんだ。

Advertising
寒い。まだ11月だというのに。対岸の比叡山方面は、既に冠雪しているようだ。とびたくんもびっくりして田んぼに飛び出している。
  • Comments 3

寒い。まだ11月だというのに。対岸の比叡山方面は、既に冠雪しているようだ。とびたくんもびっくりして田んぼに飛び出している。

旧草津川の跡地に出来た、細長い公園地帯。浜街道から見ると単なる駐車場にしか見えなかったが、メロン街道との間に、アウトドア系施設ができてるらしく、昨日、雨模様の中のぞきに行く。メインのボタニカルショップに併設されたカフェは、読書などしてぼんやり過ごすのに良さそう。いつもイオンのスタバじゃ芸がないしね。レンタサイクルや貸し農園、デイキャンプや野外のバーベキュースペースもあるらしい。コハクチョウの飛来地も近いし、次は自転車で行ってみるかなあ
  • Comments 2

旧草津川の跡地に出来た、細長い公園地帯。浜街道から見ると単なる駐車場にしか見えなかったが、メロン街道との間に、アウトドア系施設ができてるらしく、昨日、雨模様の中のぞきに行く。メインのボタニカルショップに併設されたカフェは、読書などしてぼんやり過ごすのに良さそう。いつもイオンのスタバじゃ芸がないしね。レンタサイクルや貸し農園、デイキャンプや野外のバーベキュースペースもあるらしい。コハクチョウの飛来地も近いし、次は自転車で行ってみるかなあ

ランチはパンを食べる予定だったが、振られたので、『白帆』で、野菜素揚げ蕎麦を美味しくいただく。初夏にパン屋に最初に振られた時は、ここも臨時休業で、心が非常にささくれたのだが、今日は開いていた。泡だった黄金色の飲料については、見なかったことにしていただきたい。
  • Comments 4

ランチはパンを食べる予定だったが、振られたので、『白帆』で、野菜素揚げ蕎麦を美味しくいただく。初夏にパン屋に最初に振られた時は、ここも臨時休業で、心が非常にささくれたのだが、今日は開いていた。泡だった黄金色の飲料については、見なかったことにしていただきたい。

Advertising
パン屋に振られた傷心で、去年毎日のように通った「小さなバラタナゴ水路」に寄る。こんなこともあろうかと(?)仕掛けを持ってきていたのだ。ここは、なぜかミニしかいないが、素直な魚たちで、1時間で三十尾ほど釣って心を慰める。来年はまた通おう。
#タナゴ釣り #タナゴ
  • Comments 0

パン屋に振られた傷心で、去年毎日のように通った「小さなバラタナゴ水路」に寄る。こんなこともあろうかと(?)仕掛けを持ってきていたのだ。ここは、なぜかミニしかいないが、素直な魚たちで、1時間で三十尾ほど釣って心を慰める。来年はまた通おう。 #タナゴ釣り #タナゴ

毎週水曜日、午前11時にだけオープンするパン屋さん。初夏に初めて訪れた時には「今日から2カ月夏期休暇」で、食えず。満を持して、本日訪れた。貼り紙の一枚は、営業時間が13時からになったとあり、もう一枚には……そうですか。そんなに僕が嫌いですか(T-T)。
  • Comments 4

毎週水曜日、午前11時にだけオープンするパン屋さん。初夏に初めて訪れた時には「今日から2カ月夏期休暇」で、食えず。満を持して、本日訪れた。貼り紙の一枚は、営業時間が13時からになったとあり、もう一枚には……そうですか。そんなに僕が嫌いですか(T-T)。

大阪に買い物に来たついでに、近所でやってない映画『#IT』を観る。スティーブンキングもホラー映画もあまり詳しくはないが、この話はテレビのミニドラマになっていて、それを大昔にレンタルで観ていたのだ。町の子供たちをさらっていくピエロの怪物を少年時代に撃退した仲間たちが、三十年後、再び蘇った「それ」を倒すために町に帰ってくるという粗筋を聞いて、ものすごく琴線に触れたからだ。昔の映像は、膨れ上がった期待を満足させる程の出来ではなかったし、実はあまり覚えていない。それでも新たに劇場版になったと聞いて、興味をひかれてしまった。映画は長尺にもかかわらず、過去編(少年時代)しか描いていない。だが、スーパーナチュラル版の『スタンドバイミー』として、これはよく出来た映画だった。ラストの「誓い」を観ながら、彼らが再び町に帰ってくる続編を本当に期待したくなっている。(最近Netflixで観ている『ストレンジャーシングス未知の世界』という海外ドラマが凄く似た雰囲気で、キングに影響受けてるんだろうなあと思ってたら、主人公役の少年がこの映画に出ていて、ニヤリとしてしまった)
#it #スティーブンキング #イット #ITそれが見えたら終わり #ストレンジャーシングス
  • Comments 2

大阪に買い物に来たついでに、近所でやってない映画『#ITを観る。スティーブンキングもホラー映画もあまり詳しくはないが、この話はテレビのミニドラマになっていて、それを大昔にレンタルで観ていたのだ。町の子供たちをさらっていくピエロの怪物を少年時代に撃退した仲間たちが、三十年後、再び蘇った「それ」を倒すために町に帰ってくるという粗筋を聞いて、ものすごく琴線に触れたからだ。昔の映像は、膨れ上がった期待を満足させる程の出来ではなかったし、実はあまり覚えていない。それでも新たに劇場版になったと聞いて、興味をひかれてしまった。映画は長尺にもかかわらず、過去編(少年時代)しか描いていない。だが、スーパーナチュラル版の『スタンドバイミー』として、これはよく出来た映画だった。ラストの「誓い」を観ながら、彼らが再び町に帰ってくる続編を本当に期待したくなっている。(最近Netflixで観ている『ストレンジャーシングス未知の世界』という海外ドラマが凄く似た雰囲気で、キングに影響受けてるんだろうなあと思ってたら、主人公役の少年がこの映画に出ていて、ニヤリとしてしまった) #it #スティーブンキング #イット #ITそれが見えたら終わり #ストレンジャーシングス

Advertising
たまに行くイタリアレストランで、今週はノヴェッロの特別メニューが組まれてるとのことで、出かける。ノヴェッロとは、平たく言えば、イタリア版のボジョレーヌーヴォーで、解禁日は少し早くて10月30日。などと知ったようなことを言ってるが、僕もこういうのがあることを初めて聞いた。今日出たワインはメルロ100%のフルーティーなのに軽すぎない一本。ボジョレーをあまりいいと思ったことはないが、これは大変気に入った。フルボトルがついてるのだが、半分以上飲んでしまった。ここ数年、ワインをこんなに飲んだことはない。したたかに酔ってしまい、今もぼんやりしている。このワインの産地にちなんだメニューの数々も大変美味しく、またしても過剰なカロリーを摂取したことに・・・
  • Comments 2

たまに行くイタリアレストランで、今週はノヴェッロの特別メニューが組まれてるとのことで、出かける。ノヴェッロとは、平たく言えば、イタリア版のボジョレーヌーヴォーで、解禁日は少し早くて10月30日。などと知ったようなことを言ってるが、僕もこういうのがあることを初めて聞いた。今日出たワインはメルロ100%のフルーティーなのに軽すぎない一本。ボジョレーをあまりいいと思ったことはないが、これは大変気に入った。フルボトルがついてるのだが、半分以上飲んでしまった。ここ数年、ワインをこんなに飲んだことはない。したたかに酔ってしまい、今もぼんやりしている。このワインの産地にちなんだメニューの数々も大変美味しく、またしても過剰なカロリーを摂取したことに・・・

今年はタナゴをサボりっさぼりっぱなしだった。寒くなる前に少し釣っておこうと、1時間ほど水路の様子をみてみるが・・・釣れたのは、ギルばかり。このポイントは、釣る時期によって、なにが釣れるのか判らない。コロコロ変わる。何年か前はでかいバラタナゴばかり釣れたこともあったのになあ。
  • Comments 7

今年はタナゴをサボりっさぼりっぱなしだった。寒くなる前に少し釣っておこうと、1時間ほど水路の様子をみてみるが・・・釣れたのは、ギルばかり。このポイントは、釣る時期によって、なにが釣れるのか判らない。コロコロ変わる。何年か前はでかいバラタナゴばかり釣れたこともあったのになあ。

昨晩。今月の打ち上げは、天満駅裏の、大衆中華に見えつつ、実は本格上海料理の店、紫微星。写真に写ってる倍ぐらいの種類のメニューを、次から次へとガツガツ。明らかに食いすぎ。だけど、美味かった!単に茄子を切って蒸してあるだけの料理がタレに漬けて食べるとあんなに美味いとは、どういうトリックなのか。火が出るように辛いマーラー麺(二枚目)は、なんだか火薬のような香りがする。
  • Comments 4

昨晩。今月の打ち上げは、天満駅裏の、大衆中華に見えつつ、実は本格上海料理の店、紫微星。写真に写ってる倍ぐらいの種類のメニューを、次から次へとガツガツ。明らかに食いすぎ。だけど、美味かった!単に茄子を切って蒸してあるだけの料理がタレに漬けて食べるとあんなに美味いとは、どういうトリックなのか。火が出るように辛いマーラー麺(二枚目)は、なんだか火薬のような香りがする。

Advertising
貴志祐介『#ミステリークロック』。先日の『天使の囀り』の時に、ここでプチ話題?になった「防犯探偵榎本シリーズ」まさかの新刊。本格物作家からでさえ、密室ものはもはやギャグ扱いされかねない時代なのに、密室ものにこだわって、真正面からトリックの解明のためにトンデモ仮説を立てては潰していくことに、多くのページを割いたこのシリーズは、むしろ少数派なのかもしれない。でも自嘲に逃げないこの姿勢が好きだ。表題作は、特にその傾向が強く、作中でも言及される古典的ミステリーのトリックを徹底的にこじらせ、ややこしくしていき、もはや、どんな寛容な本格好きでも「そんなことする犯人がいるわけない!」と叫ぶ域に達している。もちろんそんなことは作者は百も承知で、けれどあえて徹底的に遊んでみせたのだろうなと思う。トリック解説を読んでも、正直何が何だかわからん(笑)。逆に、パッシブソナーによる「音の密室」や深海の「気圧の密室」という新概念を打ち出し、海の生物の脅威と最新科学を用いたトリックで掉尾を飾る『コロッサスの鉤爪』は、新世紀本格の見本なのかも。他作品へのくすぐりや、笑いの小ネタもたっぷり仕込まれて、満腹!正直、先日の『七人の名探偵』のがっかり感が半端なかったので、やっと気が晴れた感じ。#ミステリークロック #貴志祐介 #防犯探偵 #天使の囀り
  • Comments 4

貴志祐介『#ミステリークロック。先日の『天使の囀り』の時に、ここでプチ話題?になった「防犯探偵榎本シリーズ」まさかの新刊。本格物作家からでさえ、密室ものはもはやギャグ扱いされかねない時代なのに、密室ものにこだわって、真正面からトリックの解明のためにトンデモ仮説を立てては潰していくことに、多くのページを割いたこのシリーズは、むしろ少数派なのかもしれない。でも自嘲に逃げないこの姿勢が好きだ。表題作は、特にその傾向が強く、作中でも言及される古典的ミステリーのトリックを徹底的にこじらせ、ややこしくしていき、もはや、どんな寛容な本格好きでも「そんなことする犯人がいるわけない!」と叫ぶ域に達している。もちろんそんなことは作者は百も承知で、けれどあえて徹底的に遊んでみせたのだろうなと思う。トリック解説を読んでも、正直何が何だかわからん(笑)。逆に、パッシブソナーによる「音の密室」や深海の「気圧の密室」という新概念を打ち出し、海の生物の脅威と最新科学を用いたトリックで掉尾を飾る『コロッサスの鉤爪』は、新世紀本格の見本なのかも。他作品へのくすぐりや、笑いの小ネタもたっぷり仕込まれて、満腹!正直、先日の『七人の名探偵』のがっかり感が半端なかったので、やっと気が晴れた感じ。#ミステリークロック #貴志祐介 #防犯探偵 #天使の

『ブレードランナー』の30年以上ぶりの続編を初日朝から観た。マイオールタイムベストに入るオリジナル版は、僕の偏狭な「好み」から外れたフォーマットの映画のはずなのに、あまりに圧倒的なビジュアルイメージで、僕をねじ伏せ続けてきた。この映画は以後のエンタテインメントに巨大な直接的な影響を与えてきたはずだが、いくら特撮技術が進んでも、結局この映画以上に魅力的な未来都市を、未だに観たことがない。やはり映像は、技術じゃなくセンスなのだ。パイオニアにして頂点。そんな映画の続編を描くなんて、最初から無理ゲーなのに、これはよく頑張ったと思う。でも、『メッセージ』のときも思ったが、この監督のまるで蛍光灯の下で撮ったような、薄暗いのに、壁の染みまで妙にくっきり見える、殺風景で寒々しい色彩と照明によるビジュアルは、その空間の空気に触れてみたいというあの魅力を全く感じさせない。リドリー・スコット的映像センスにこだわるのをあえて捨てて、論理や情に軸を移して物語を構築することに専心したのかもしれない。無理ゲーに挑むんだから、それはそれでありなのだろう。あの酸の雨の降るロスも、単に背景として存在するだけに見える。
で、いかにも中二的な発想の、ホログラムAIによる「彼女」、大変可愛かったです。その結末のあざとささえ感じる切なさといい、オタク受け狙ってるよなあ。
#ブレードランナー2049 #ブレードランナー #リドリースコット #ドゥニヴィルヌーヴ
  • Comments 1

『ブレードランナー』の30年以上ぶりの続編を初日朝から観た。マイオールタイムベストに入るオリジナル版は、僕の偏狭な「好み」から外れたフォーマットの映画のはずなのに、あまりに圧倒的なビジュアルイメージで、僕をねじ伏せ続けてきた。この映画は以後のエンタテインメントに巨大な直接的な影響を与えてきたはずだが、いくら特撮技術が進んでも、結局この映画以上に魅力的な未来都市を、未だに観たことがない。やはり映像は、技術じゃなくセンスなのだ。パイオニアにして頂点。そんな映画の続編を描くなんて、最初から無理ゲーなのに、これはよく頑張ったと思う。でも、『メッセージ』のときも思ったが、この監督のまるで蛍光灯の下で撮ったような、薄暗いのに、壁の染みまで妙にくっきり見える、殺風景で寒々しい色彩と照明によるビジュアルは、その空間の空気に触れてみたいというあの魅力を全く感じさせない。リドリー・スコット的映像センスにこだわるのをあえて捨てて、論理や情に軸を移して物語を構築することに専心したのかもしれない。無理ゲーに挑むんだから、それはそれでありなのだろう。あの酸の雨の降るロスも、単に背景として存在するだけに見える。 で、いかにも中二的な発想の、ホログラムAIによる「彼女」、大変可愛かったです。その結末のあざとささえ感じる切なさといい、オタク受け狙ってるよなあ。 #ブレードランナー2049 #ブレードランナー #リドリースコット #ドゥニヴィルヌーヴ

NEXT